ロゴマーク・オリジナルキャラクター制作 ロゴマークデザインルーム

ロゴマーク

 

ロゴマークは会社のイメージ戦略には、
欠かせないツールです。
どうして活性化に結びつくのか?
そこからお伝えしたいと思います。

 

1.ロゴマークは、そのマークが入ることにより、
   商品・サービスを品質保障の証となり信用を現します!

 

2.また、ユニークで印象的な形・色によって
   素早く・正しく自社を認識してもらうことが出来ます。

 

3.会社の未来への展望や方向性を示すことにより、
   係わる人々の意識を向上し、活力を生み出していきます。

 

 

大きくはこのようにブランドマークとは、
そのロゴマークの入った商品・サービス等を
一定のレベルの品質を暗示させる事により
信用をしてもらい。
また、その信用がブランド価値を高めていくという
循環により益々信頼度は高くなっていきます。

 

そしてその個性的な形・色により
言語としてだけではなく、
イメージとして認識してもらうことにより
幼い子供へも訴求するほどの強力な
伝達力をもたせます。

 

さらにCI計画等でも用いられるVI(ヴィジュアル・アイデンティティー)は、
そのブランドイメージを的確に伝えるために、
そして今後の展開を示す、旗印として
結束力とモチベーションの強化にも使われています。

 

 

 

参考例

 

 

 

小林石材

 

 

初代のお名前から忠の字を使われていた事を伺い、
忠の字の意味する「まごころ」を丸の中心にある丸で表現しました。

 

上と左側の所は石という漢字を空間で表現しています。
色は少し紫がかった爽やかなブルーで
忠の字の表す正直でまじめな印象、
また会社(真壁町)の正面にそびえる紫峰・筑波山を思わせます。

 

 


 

 

 


このマークは、採掘の山がとても印象的だった事があり、
この形が活かせないかと考えてみました。

 

安全に迅速にをテーマにさらに発展への願いと共に、
山の形で安定感(安全)を表現しています。
曲線で迅速さを表しています。

 

社員、皆が楽しく働ける環境づくりを考え続けたい。
という事をうかがい、楽しいをテーマに英文タイプを創作しました。

 


 

 

 

 

男性脱毛専門店DATUMO

 

 

男性専門店ということで、男性へのこだわりを表現しました。
力強さ・ダイナミックさ・シャープさスピード感など。

 

店のメインエンブレムの文字加工が苦労されたようですが、
無事に設置されたようで安堵しました。

 

 

DATUMO エンブレム 

 

 

 


 

 

 

 

 

デザイナーになりたての頃から、色々とお教えくださっている方の
ご子息の会社で光栄に思いながらロゴマーク制作。
迅速に安全に優しいドライビング・ドライバーを表現した。
macのmで流通業に欠かせない車を表しています。

 

このマークを制作段階でもアドバイスやご意見をいただき、
とても嬉しかったことを思い出します。

 

 

 


 

 

 

 

 

販売促進等のプロデュース、人と企業・人と人の交流を
サポートするという事で、コーテンのKとコミュニケーツのCを
シンボライズしてみた。

 

Kのたて棒を社に見立てると、右に向けて情報を発信している
ように見える。また、逆に情報が集まってくるようにも見えます。

 

情報の集中・拡散、すなわちコミュニケーションと
会社の未来の末広がりという意味合いが含まれています。

 

 


 


このマークは人から人への
贈物を気持ちよく伝える橋渡しとして
HATORIのHをモチーフに
人から人へ物を渡している姿を
曲線により表現した物です。

 

 

 

車両等に表示されることにより
非常に多く目にされることとなり、
その露出により信頼や親しみを
一般に感じていただければ
成功と思っています。

 


 

 


ロイヤリティフリーフォトのメーカーということで、
ダイナミックな名前にふさわしい動きと力強さを
そしてシャープでいてスムーズなマークに
非常に視認性もよく評判も高い、
ミリアド(Myriad)をピッチを開けて配し指定書体とした。

 

なんとフォトグラファーの海老原氏が長年にわたり
愛用しているアップルコンピュータやアドビシステムズが
コーポレートフォントに採用していることは
偶然にしてはと驚いた記憶がある。

 

 

 

そしてこのHPタイトルの写真は、
グランイメージの写真を使わせてもらっています。

 

プロ向けロイヤリティフリー写真素材
GRAN IMAGE

 


 

 

老舗の御菓子処であり用途が
看板と特に包装紙が目的であったため
名前にある藤を抽象化した。

 

老舗ということもあり
何度もいらして下さるお客様に
あきのこないシンプルで
藤というキーワードが印象に残り
品を備えた物をと創った作品です。

 


 

看板等をメインとしている会社ですが、
IT化も早く導入され力強い展開をされている事から
スピードと力強さ・正確さを
表現できたらと思い制作しました。

 

会社の現場を見せていただいて
カッティングシート等使った作品がとても
カラフルでお洒落な印象だったので、
あえてコーポレートカラーは自由にし
そのことでより、らしい表現になった。

 


 

 

 

洋服のリフォームの専門店、
仕立ての丁寧さ、繊細さをタイプで表現しています。
そして洋服のリフォームを一目で認識できるように
ボタンをモチーフに制作した。

 

大先生A氏お二人にお褒め頂き恐縮した。

 


 

 

焼き物を預かりこの様なイメージとの指定があり、
花びらのような形は、陶器の釉薬をイメージしたもの、
文字は書家の川又南岳先生に書いていただいた。

 

 


 

 

私の初めて作ったピクトグラム!(会社員時代)
障害者等の規定マーク以外の
男子女子のトイレマーク!視認性に特に気を使う。

 

 

同じ建物の2F以上はギャラリーになっている
ギャラリーのサインもデザインさせていただいた。
曲線が美しい高槻建築設計事務所、設計による建物
高槻さんからサインを計画させて頂き非常に貴重な体験でした!
美しいモダンな建物のイメージを壊さぬよう
シンプルで明るく優しい形をと考えた。